So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大間で本場のマグロ丼 [グルメレポ 【青森県】]

2泊3日の青森旅行レポ・第1弾は大間のマグロ丼です。

下北半島の北端に位置する青森県下北郡大間町は、マグロ一本釣りの町。
この大間で水揚げされたクロマグロ(本マグロ)が、最高級ブランドの「大間まぐろ」です。

「大間まぐろ」がおいしい理由は
●大間町が面する津軽海峡に3つの海流が流れ込むためプランクトンが多く、それをエサにしている身の詰まったイカやイワシが多いため、そのイカやイワシを食べる大間のマグロもおいしくなる。
●一本釣り漁法なので、魚が弱ってしまう前に後処理することができて傷もつかないので、鮮度を保ってマグロを出荷することができる。

そんな大間のマグロを一度食べてみたかったので、この3連休を利用して、行ってきました。実は今年の夏あたりに行こうと思っていたのですが、旬の時期が秋から冬と聞いたので、満を持して10月に行くことにしたのでした。

しかし、大間は本当に遠いです。仙台から車で行くと、片道7時間以上かかります。
仙台から青森まで、高速で4時間強。青森から大間までは高速がないので、すべて下道で3時間強。
今回2泊3日の日程で、まず初日に青森へ移動し、2日目の朝に青森を出発して、大間に向かいました。
天気予報通りではありましたが、あいにくの雨でした。

大間についたのは11時40分頃。
まずマグロ丼を食べて、それから観光をすることにしました。

行ったのは、大間崎にある「魚喰いの大間んぞく」というお店です。
IMG_2085.JPG

店の入り口には、解体されたマグロが置いてありました。
IMG_2067.JPG

店の外には、親子二代で初セリ記録更新の大きな看板が。
IMG_2066.JPG

この日提供されたのは、大間産の131kgのマグロでした。
IMG_2064_.jpg

11時50分頃から店の外に40分ほど並び、ようやく店内へ。
IMG_2068.JPG

店内には、30kg以上のマグロが出荷される時に貼られる「大間まぐろ」のシールがたくさんありました。
IMG_2080.JPG

大トロ、中トロ、赤身の「3色マグロ丼」(3300円)を注文。
プラス250円で、みそ汁を「まぐろモツ汁」にしたので、3550円になりました。

こちらがその「3色マグロ丼」です!
IMG_2083.JPG

みそ汁に小鉢と漬物、サンマの煮付もついていました。
IMG_2082.JPG
こちらが「まぐろモツ汁」に入っていたマグロのモツです。
IMG_2084.JPG

マグロの唐揚げも食べました。
IMG_2081.JPG

いや~、もう大満足でしたね。
大トロも、中トロも、赤身も、モツも、唐揚げも、どれも美味しかったです。
至福の一時でした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。