So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ
前の10件 | -

秋田のお土産(まんまけぇ、くまってる) [東北発 【秋田県】]

先月の秋田出張で買ってきたお土産「まんまけぇ」と「くまってる」を紹介します。

こちらが「まんまけぇ」
IMG_2448.JPG
秋田県産大根を使用したいぶりがっこに、風味豊かな黒ごまと白ごまが入った、香りと食感を楽しめる生ふりかけです。(いぶりがっこは、大根を燻製にして漬け込んだ秋田の伝統的な漬物です)

そしてこちらが、いちごチョコクランチのお菓子「くまってる」
IMG_2504.JPG

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

竹本商店と札幌海老麺舎(サービス券にご注意!) [グルメレポ]

つけ麺と油そばが美味しい「竹本商店」というラーメン店があります。店によって微妙に名前は違ったりしますが、東北と北海道を中心に12店舗あり、私もよく行っていました。

昨年秋に一部の店の名前が「竹本商店」から「札幌海老麺舎」に変わりましたが、新たに海老ラーメンのメニューが増えたぐらいで、サービス券のデザインこそ変わったもののサービス内容(1枚でのり、15枚で麺類各種一品)も今までと同じだったので、あまり気にしていませんでした。

左が竹本商店、右が札幌海老麺舎のサービス券
IMG_2524.JPG

先日、今までためていた「竹本商店」のサービス券を「札幌海老麺舎」に15枚持って行き、無料で食べようと思ったのですが、店内に『以前の竹本商店のサービス券は使えません』との貼り紙が!

実は、このたび札幌海老麺舎に名前が変わった店は、竹本商店とFC契約していた店で、契約終了により店名を変えてリニューアルオープンしていたのでした。ちなみに店がリニューアルしたのは10月1日ですが、10月末までは今までの竹本商店のサービス券も使えたようです。

もし私のように、ここ最近行ってなくて、手元に竹本商店のサービス券が残っている方も、ご安心ください。今まで通り「竹本商店」の名前で営業している店もあるので、そこに行けば使えます。

そこで、どの店が竹本商店のままで、どの店が札幌海老麺舎に変わったのか、サービス券の裏に書かれている店舗紹介を見てまとめてみました。

竹本商店のままの店 (今まで通り「竹本商店」のサービス券が使えます)
 【秋田県】竹本商店★つけ麺開拓舎 土崎店
 【秋田県】竹本商店 煮干センターあじと
 【岩手県】竹本商店 つけ麺開拓舎 えん (盛岡店)
 【福岡県】竹本商店☆つけ麺開拓舎 福岡田川店

札幌海老麺舎に変わった店 (現在の「札幌海老麺舎」のサービス券しか使えません) 
 【北海道】(従来)
竹本商店 海老麺舎 → (現在)札幌海老麺舎 本店
 【北海道】(従来)竹本商店★つけ麺開拓舎 札幌手稲店 → (現在)札幌海老麺舎 手稲店
 【北海道】(従来)竹本商店 札幌煮干センター  → (現在)中華そば 札幌煮干センター 
 【岩手県】(従来)
竹本商店★つけ麺開拓舎 北上店 → (現在)札幌海老麺舎 北上店
 【岩手県】(従来)竹本商店 海老麺舎イオンモール盛岡店→(現在)札幌海老麺舎イオンモール盛岡店
 【宮城県】(従来)竹本商店★つけ麺開拓舎 泉店 → (現在)札幌海老麺舎 泉店
 【宮城県】(従来)竹本商店 仙台煮干センター  → (現在)中華そば 仙台煮干センター
 【大阪府】(従来)竹本商店 海老麺舎 大阪心斎橋店→ (現在)札幌海老麺舎 大阪心斎橋店

この他に、岩手県に新たに札幌海老麺舎グループの「中華そば 盛岡煮干センター」がオープンしました。

今まで通り「竹本商店 煮干センター」の店もありますが、札幌海老麺舎グループに変わった店は
「中華そば △△煮干センター」という名前に変わりました。これだけでは「今までの竹本商店のサービス券が使えなくなった」なんてわからないですよね…


名前が変わっても、今まで通り美味しく食べられればそれでいいのですが、こちらを見ると何だか「お家騒動」のような感じもするので、ちょっと心配です。

IMG_2299.JPG


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソーキそば [グルメレポ]

先日、会社の近くにある沖縄料理の店でお昼を食べました。
DSC_1329_.jpg

食べたのは「ソーキそば」です。トッピングは、豚の骨付き肉、かまぼこ、ネギ、紅ショウガ。
DSC_1328.JPG

メニューには「沖縄そば」と「ソーキそば」があり、メニュー表を見たらこんな説明書きがありました。

 沖縄そば・・・豚ばら肉
 ソーキそば・・・骨(軟骨)付の豚ばら肉

沖縄そばとソーキそばの違いは、肉の違いだったんですね。

豚の骨付きあばら肉(スペアリブ)を、沖縄では「ソーキ」と呼ぶようです。

ソーキはとろとろで美味しかったです!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリームボックスのケーキ [東北発 【福島県】]

福島県郡山市のご当地名物に、分厚い小型の食パンに白いミルク風味のクリームを塗った「クリームボックス」という菓子パンがありますが、このクリームボックスをモチーフにしたお菓子もたくさん出ています。

昨年11月、東北道・国見SA(下り)の売店に寄った時、「クリームボックスケーキ」を買ってきました。
IMG_2401.JPG

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大崎八幡宮の「どんと祭」 2018 [東北発 【宮城県】]

今年も1月14日は、大崎八幡宮の「どんと祭」に行ってきました。
【東日本放送のニュース動画はこちら、仙台放送のニュース動画はこちら

どんと祭(どんとさい)は、毎年1月14日に神社の境内で正月飾りを焼き、御神火(ごじんか)にあたることで一年の無病息災・家内安全を祈願する祭です。松焚祭(まつたきまつり)と呼ばれる大崎八幡宮のどんと祭は300年の歴史があり、正月送りの行事としては全国でも最大級です。

今年は日曜ということもあり、ものすごい人でした。
例年の人出は10万人で、今年の予想では11万人でしたが、実際には14万人でした。

鳥居をくぐったらすでに行列が。
IMG_2507.JPG

御神火です。裸参りの人達も写っていますね。
IMG_2508.JPG

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

らーめん本竈(エスパル仙台店) [グルメレポ 【宮城県】]

宮城県には、「らーめん本竈(ほんかまど)」という人気ラーメン店があります。
(かつては宮城県利府町にあったが、その後数百メートルほど移転し現在の住所は宮城県仙台市)

その本竈の2号店「らーめん本竈 エスパル仙台店」が昨年2017年6月、仙台駅東口にオープンしました。仙台駅東口の再開発により建てられた駅ビルの新館「エスパル仙台東館」の1階です。

なかなか行く機会がなかったのですが、先月行ってきました。(訪問日 2017年12月19日)

おすすめメニューの「塩海老わんたん麺」です。(900円)
DSC_1290.JPG
北海道産小麦「春よ恋」を使用した自家製麺の麺に、だしのきいたスープ。
(店主はだしソムリエの資格も持っているそうです)
ローストポークのようなチャーシューに、手作りの海老わんたん。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小町レモン [北信越遠征記]

磐越道・阿賀野川SA(下り・新潟方面)限定のお土産に、「小町レモン」というお菓子があります。

以前紹介した「夕景バーム」と同じく地元・新潟県阿賀町の老舗和菓子屋「きりん堂~L.P.S」とのコラボ商品で、阿賀野川SA下り線でしか販売されていないオリジナル商品です。
(夕景バームの紹介記事はこちら
DSC_1064_.jpg

「小町レモン」の箱は、阿賀野川サービスエリアがモチーフになっています。
DSC_0466.JPG

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙台のミルキーウェイが復活 [東北発 【宮城県】]

私は今から14年前の2003年に東京から仙台に転勤してきましたが、東京と仙台ではファミレス事情も異なっていました。

仙台に来て感じたのは、「デニーズもジョナサンも無い!」
当時、仙台でファミレスと言えば「ミルキーウェイ」でした。

その後、ミルキーウェイは全店舗が2010年に「ビッグボーイ」に転換し、一旦は消滅してしまいましたが、6年後の2016年に一部店舗が「ミルキーウェイ」の名前でリニューアルオープンました。

DSC_1245_.jpg

でも、以前とはロゴが違うんですよね。

ただ、仙台にミルキーウェイの名前が復活したのは、ちょっとうれしい気がします。

・・・と思ったら、今はミルキーウェイは仙台以外にもあるようですね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラーメンのスープは、やっぱり熱々でないとダメですか? [雑記]

私は猫舌なので、ラーメンのスープは熱すぎるよりも、ちょっとぬるいくらいのほうが美味しく感じることが多いですね。熱すぎると味がよくわからなかったりするので。

そんな私が、ラーメンのスープはとにかく熱いほうが好きという人と一緒にラーメン屋に行くと、評価は分かれます。

①千葉県の某人気ラーメン店
雑誌にもよく載っていた、私が好きだった人気ラーメン店。15年ほど前、友人を連れて行った時のこと。
私は「あ~、やっぱりここのラーメンは美味しかったな~」と思ったのですが、友人の感想は「スープがぬるかったからイマイチ」

②宮城県内の某ラーメン店
数年前に訪問。
私は美味しいと思ったのですが、一緒に行った相方は「スープがぬるかったからイマイチ」

③岩手県内の某ラーメン店
先月訪問。
私は美味しいと思ったのですが、一緒に行った同僚は「スープがぬるかったからイマイチ」

どのラーメンも、私はスープがぬるいことは全く気にならず、一緒に行った人に言われて初めて気がつきました。いつも、言われてから「そういえば猫舌の私でもフーフーせずに食べられたな。あ、だから私は美味しく感じたのかも…」と思ったものでした。


これと逆のパターンも紹介します。

④仙台市内の某食堂
ランチタイムに定食メニューが食べられるビジネスホテルの食堂。
当時の上司が好きでよくお昼を食べに行ったのですが、とにかく味噌汁が熱々!
とろろ昆布が入っていたというのもあるのですが、おかずとご飯を食べ終わってもまだ味噌汁は熱々で、私はよく味噌汁だけ飲みきれなくて残しました。


猫舌の人は、舌の使い方が下手だとよく言われます。
猫舌でない人は、熱さに敏感な舌の先のほうに熱いものがあたらないようにしているらしいですが、スープや味噌汁を飲む時はどんな風にすればいいのか、誰か教えてください!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乾杯の練習 [東北発 【秋田県】]

秋田県では、お酒の席で「乾杯の練習」をすることがよくあります。

2009年2月放送の「秘密のケンミンSHOW」で、『秋田県民は全員が揃って乾杯をする前に「練習」と言って先に酒を飲み始める』ことが紹介されました。

秋田の乾杯の定義が、秋田のご当地ヒーロー・超神ネイガーの2016年6月6日のツイート(こちら)に書かれていましたので引用します。
【乾杯の練習(秋田県の風習)】
酒の席でまだ開始時間になっていないとき、もしくは定刻になってもメンバーが全員揃っていないとき、「乾杯の練習」を行い先に飲み始める。全員が揃ったら、改めて正式な乾杯をする。会の最後も締めの乾杯をする。

秋田では
●練習で乾杯
●全員が揃ったら正式な乾杯
●最後に締めの乾杯
をすることが多いようですね。

ご当地一番搾り「秋田に乾杯」の缶にも「練習で、乾杯で、締めで、とことんもてなす」と書かれています。
IMG_2469.JPG

たぶん、知らない人が見たら「練習って何?」と思うでしょうね。

私も仕事の付き合いで秋田の宴会に出たことがありますが、確かに全員が揃う前に「乾杯の練習」と言って飲み始めていた記憶があります。その時は、「早く酒を飲む口実として、うまいことを思いついたなぁ」と感心したものですが、実は秋田県ではごく一般的に行なわれていることだったんですね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ