So-net無料ブログ作成
検索選択

カレンダー欲しい! [川嶋あい]

今日で11月も終わりです。明日からはもう12月ですね。
早いもので今年もあと1ヵ月です。
来年のカレンダーを準備する時期にもなりましたね。

私は毎年「柏レイソル」と「千葉ロッテマリーンズ」のカレンダーを買って、それぞれトイレの両側の壁に付けています。
柏レイソルのカレンダーはこないだ帰省した時に、柏サッカー場で買ってきました。今年からは日本代表・玉田圭司選手のカレンダーも発売されたので、こちらも買ってきました。
千葉ロッテのカレンダーは先行予約をしたので、まもなく家に届く予定です。

これでカレンダーに関しては準備万端!のはずなのですが…
今年は、もう一つカレンダーが欲しいですね。
それは、「川嶋あいカレンダー」。
さすがに来年のカレンダーは今からでは無理でしょうが、是非2007年版カレンダーは作ってほしいですよね。

もし、来年(2006年)のカレンダーを作るとしたら、どんな写真がいいか考えてみました。

 1・2月 路上時代の写真
 3・4月 1000回ライブの時の写真
 5・6月 「12個の歌」全国ツアーの写真
 7・8月 「川嶋夏祭り」の時の写真
 9・10月 「原点回帰ライブ」の時の写真
11・12月 クリスマスコンサートの写真

なんか、ライブの写真ばっかりになってしまいましたが、ライブ以外の写真がもっと多くてもいいかもしれませんね。
象に乗ってる写真や、虎と一緒に写ってる写真もいいかも。

2007年カレンダーの1月の写真には、成人式の振袖姿もいいですね。


昨日(11/28)の日経新聞夕刊にあいちゃんが! [川嶋あい(本、雑誌、新聞)]

昨日夜、あいちゃんのブログの書き込みを見ていたら…
日経新聞(夕刊)にあいちゃんの記事が載っていたと書き込みしている人が何人もいるではないですか!
どうも、あいちゃんのブログに関する記事のようです。
私はこれを見て早速コンビニへ行ってみましたが、置いてありませんでした。
そこで今日、仕事で回っていた山形県で「日本経済新聞」の看板のある新聞販売店に寄ってみたのですが、
「山形県内では、夕刊は取り扱ってないんですよ…」
との事。

これはもう、新聞社に直接聞いてみるしかありません。日本経済新聞社に電話して取り寄せ方法を確認しました。
早速取り寄せてみようと思います。

その方法については下に書いておきますので、ご参考にしていただければ。


「11/28(月)の日本経済新聞・夕刊を1部希望」
と記入し、110円切手を同封の上、下記宛先まで郵送。
〒100-8066
日本経済新聞社 販売局 管理部

ちなみに110円の内訳は、新聞代50円+送料60円です。
2部以上希望の場合は送料が変わるそうなので、
日本経済新聞社 販売局 管理部(TEL 03-5255-2172)
まで問い合わせしてみて下さい。


あとがき [川嶋あい]

今日は、昨日で完結した「私が川嶋あいファンになるまでのエピソード」の、あとがきです。

さて、エピソードですが、なんとかうまく「12個」にまとめることができました!
実は最初から狙っていたんですけどね。(笑)
この12個のエピソード、実は最近すべて思い出して書いたわけではなく、9月頃に、自分で書きとめていたものを加筆修正して書きました。
ちなみに、このエピソード集には自分でタイトルまでつけていました。

川嶋あいに「…ありがとう...」

このタイトルには、我ながら「上手い!」って自画自賛していました。(笑)
当時はまだブログを始めようとは思っていなかったのですが、なんかどうしても書きとめておきたかったんですよね。

今回は、仕事で疲れて辛い日もありましたが、皆さんからいただいたたくさんのコメントが支えになり、途中で挫折することなく最後まで書くことが出来ました。
ありがとうございました。

続きを読む


エピソード12  Never Stop Supporting!「支え続けるから…」 [川嶋あい]

今月に入って、11回に渡り「私が川嶋あいファンになるまで」について書いてきましたが、今回が最終回です。
今回は今まで書きそびれた事を書きたいと思います。

6月末に始まった「川嶋あいブログ」。いつも楽しみにしていましたが、最初は読むだけで書き込みはしていませんでした。「どうせ書き込みしたって本人は読んでくれないだろう」と思っていたのです。でも、あいちゃんの「コメントは全部読んでますよ」という記事を読んでから、書くようになりました。
自分のメッセージが直接歌手本人に伝えられるってうれしいですよね。今まで、歌手の方がこれほど身近に感じられたことはありませんでしたから。

そして、9月にはファンクラブにも入りました。
しかし、それでも満たされないことがありました。

私の周りにはあいちゃんファンが誰もいなかったので、あいちゃんについて語りたいという欲求が満たされなかったのです。
ソーシャルネットワーキングサービス(mixi)の「川嶋あいコミュニティ」に参加して書き込みをしたり、トピックを立てたりもしていたのですが、書きたいことをすべて書くにはやっぱり自分でブログを開設するしかない!と思うようになりました。これも、ブログを始めた理由の一つでもあります。


さて、川嶋あいファンになって思ったことがあります。
彼女に出会えて、ホントに良かったな…と。
彼女が歌手である現在(いま)、自分がこの世に生きていることに幸せを感じますね。
こんなことを考えていると、「…ありがとう...」の歌詞を思い出します。

♪人と人が巡り会うことって奇跡なんだよね

川嶋あいさんに巡り会えたのも、ある意味「奇跡」ですから…


私が好きな曲 [川嶋あい]

さて、今日は「私が一番好きな川嶋あいの曲」について書いてみたいと思います。
今年の春までは、「12個の季節~4度目の春~」が一番好きでした。
アルバム「12個の歌」を聴いてからは、「eighteen's days」になり、「路上集Ⅰ号」を聴いてからは「もっと!」になりました。で、今は「long and deep X'mas」ですね。
「最後の夕日」にはまったり、「この道ふらふら」に助けられた時期もありました。(詳細はこちら
好きな曲についてすべて書くとキリがなくなるので、3曲に絞って書いてみたいと思います。


1.12個の季節~4度目の春~
私が初めて「川嶋あいの曲っていいな~」と思ったのは、昨年の2月頃にこの曲を聴いた時でした。(詳しくはこちら
私はもう「卒業」とは縁のない年齢ですし、身近に卒業を迎えるような知り合いもいなかったのですが、メロディーも、歌詞も心に響きましたね。

2.eighteen's days
私はアップテンポな曲が好きということもあるのですが、この曲はメロディーもいいし、聴くとなんだか元気になってきますね。
このブログを始める時も、タイトルを「thirties days(30代の日々)」にしようかと思ったぐらいです。でも私は、気持ちはまだ20代なので、やめときました。(笑)

3.long and deep X'mas
「クリコンでは必ず歌われるだろうから、しっかり予習しておこう」と思って聴くようにしていたら、はまってしまいました。まだクリスマスもかなり先という時期に、一人で聴いてもはまってしまうほどいい曲なわけですから、クリスマスに恋人と一緒に聴いたらまた違った感動があるかもしれませんね。
ちなみに私は今年のクリスマスは一人で聴きますけど。(笑)


皆さんの「川嶋あいの好きな曲ベスト3」は何ですか?
是非是非書き込みお願いします。


また今年も… 胃が痛い。 [スポーツ 【柏レイソル】]

今年のサッカーJリーグも残りわずかとなりました。
我が柏レイソルは現在J1の16位。このままではJ2の3位チームとの入れ替え戦に出なければなりません。
こないだの日曜、15位清水エスパルスとの直接対決に勝てば自力で残留できたのですが、この試合は逆転負け。
そして、今日も引き分け…

これで、入れ替え戦圏内脱出は絶望的になりました。
清水が残り2試合を連敗し、なおかつ柏は残り2試合合わせて相手に6点以上の差をつけて勝たない限り、柏が入れ替え戦出場となってしまうのです。
しかも、まだ自動降格圏内も完全には脱出できていません。

昨年も柏レイソルは入れ替え戦に出場したのですが、この時はチケットをなんとかネットオークションで入手して、柏まで見に行ってきました。

昨年の入れ替え戦は2試合とも快勝して無事残留を決めましたが、第1戦に勝つまではホントに何も手につかないような精神状態でしたね。

今年も、またこんな思いをすることになるとは…
今年は主力選手にケガ人が多いというのも心配です。
入れ替え戦は、第1戦が12月7日(水)にJ2チームの本拠地で、第2戦が12月10日(土)にJ1チームの本拠地で行なわれます。

12月10日は、日帰りで柏に行くことになりそうです。
翌日は福島であいちゃんのXmasコンサートがありますからね。
日にちが重ならなくて良かったです。

とにかく、今は残り2試合でチームの調子を上げて、昨年のように入れ替え戦で快勝できるよう願うばかりです。


エピソード11 「ありがとう」の言葉を伝えたくて… [川嶋あい]

5月の全国ツアーで初めて生ライブを観てファンになり、9月10日の原点回帰ライブを観て、川嶋あいの大ファンになってしまった私。
この約4ヵ月の間に、私は彼女に3回も助けてもらいました。

5月の全国ツアーでは、五月病を治してもらいました。(詳しくはこちら

8月には、彼女のブログでのメッセージを読んで、ある行動を起こそうと思ったわけなのですが、これはホントにやってよかったです。とても幸せな気分になれました。
もし読んでいなかったら、たぶんその行動は起こしていなかったでしょう。

9月には、「最後の言葉」の本を読んで、ある事に対する自分の考え方が変わりました。これは、ホントに変われることができて良かったです。今思えば、以前の自分というのは嫌な人間ですから。(笑)

(どちらも、内容については詳しく書きませんがご了承下さい…)

3回も助けてもらったので、私は「どうしても彼女本人に感謝の言葉を伝えたい!」と思うようになりました。でも、一体どうやって伝えればいいのか悩んでもいました。
彼女のブログのコメント欄に書き込むような事ではないし…
そして、彼女に手紙を書こうと思ったわけです。
歌手や芸能人の方に手紙を書くのは初めてでした。

自分の気持ちを文章で表現するというのは難しいものですね。
かなり時間をかけて、ようやく完成。
ファンレターというよりは、「お礼状」に近かったかも。
私の気持ちがうまく伝えられていればいいのですけどね。

続きを読む


目標金額達成しました! [雑記]

重度の心臓病で、海外での心臓移植をしないと助からない少年がいる…
ということを、つい先日皆さんのブログで知りました。
これを聞いて、早速私は募金をしてきました。
そして、少しでも多くの人にこの事を知ってほしい!と思い、ブログの左側に「ひでゆき君を救う会」のバナーを貼りつけて、リンクを貼りました。
この時は、あともう少しで目標金額の6000万円達成のところまで来ていたのですが…
今確認してみたら…

ついに目標金額が集まりました!!

あとは、手術の成功を心より祈るばかりです。

すごくうれしかったので、慌ててアップしました。


川嶋あい情報 [川嶋あい]

さて、ここ最近ずっと「私が川嶋あいファンになるまで」のエピソードを書いてきたわけですが、その間はブログの左側を使って「最新川嶋あい情報」を告知してきました。皆さん気づいていただけましたでしょうか?
エピソードはまだ少し残っているのですが、これは近日中にアップすることにして、今日は最近の川嶋あい情報をまとめてドーンとアップしたいと思います。

そういえば、以前、永ちゃん(矢沢永吉)がCMで「アミノ酸まとめて、ドーン!」って言ってましたよね。
それでは、私も
「川嶋さん、まとめて、ドーン!」

…あまり面白くないですね。失礼しました。(笑)


●別冊フレンド12月号で「最後の言葉 -川嶋あい物語-」

●「井の中のカワズ君」に出演
(フジテレビ系列にて 11/15(火)の深夜に放送)
画面の左上にずっと「悲劇の歌姫 川嶋あい」というテロップが出ていたのが気になりましたね。これでは、「悲劇」を売りにしていると受け取られてしまう可能性もありますので…

●「大切な約束」ネット配信開始
こちらからダウンロードできます。演奏中には、歌詞も表示できますよ。

●「最後の言葉」写真展
11月21日(月)から5日間
詳しくはこちらまで。


<CD、DVDリリース情報>
●12/21 「シングルコレクションDVD」発売

●2/1  新曲「DEAR」発売

●2/8  I WiSHのBESTアルバム「BEST WiSHES」発売(DVD付き!)


さて、おとといの11月19日(土)は、タイでの復興支援ライブだったんですよね。
昨日のスポニチに載ってました。
(記事にあいちゃんの事は全く書かれていませんでしたが…)

あいちゃんや山口Pのブログでのリポートが楽しみですね。


高橋尚子、復活!! [スポーツ 【その他】]

今日行なわれた東京国際女子マラソンで、高橋尚子選手が優勝し、見事復活を遂げました。

私が高橋尚子選手を初めて知ったのは、5年前の2000年3月。名古屋国際女子マラソンの時でした。その年の秋に行なわれるシドニー五輪の選考レースということで、マスコミで大きく取り上げられたのでした。

高橋尚子選手が活動の拠点にしていたのは、私が小学校時代に住んでいた千葉県佐倉市。また、小出監督とともに彼女を指導していた深山(みやま)コーチは私の中学校の先生でした。(授業を受けたこともあります)
そんな縁もあり、年も同じということもあって、彼女を応援するようになりました。
顔がかわいくて笑顔が素敵なところも魅力で、すっかりファンになってしまいました。

この名古屋国際女子マラソンで優勝した彼女はシドニー五輪に出場し、五輪最高記録のタイムで見事金メダルを獲得。
五輪翌年のベルリンマラソンでは当時の世界最高記録で優勝。
その翌2002年もベルリンマラソンに優勝し、マラソン6連勝を成し遂げたのでした。

しかし、2003年11月の東京国際女子マラソンで2着に敗れてアテネ五輪の出場を逃すと、その後は骨折などのケガもあって、ずっとレースに出られない日が続いたのです。

そして、ついに今日の東京国際女子マラソンで3年ぶりのフルマラソン出場となったわけですが…
レース2日前に、衝撃の告白がありました。なんと、彼女は右足の3ヵ所に肉離れを起こしていたのです。
それでも、強行出場するとのこと。

無理にレースに出て、またケガでもしたら…
もう心配で仕方がありませんでした。
とにかく、レース中にケガすることのないよう、無事に走りきってほしい!
そんな、祈るような気持ちで、今日のレースをテレビで見ていました。

先頭集団にずっとついていっている高橋選手でしたが、36キロ手前でスパートをかけました。
一緒に先頭集団で走っていた他の二人をどんどん引き離していきます。
そして、競技場に先頭で戻ってきました!
手をあげて声援に応える高橋選手。
先頭でゴールのテープを切りました!
ゴールの瞬間は、涙が止まりませんでした。

彼女は、レース前に「自分の中で夢をあきらめかけた時、このまま終わってはいけないと思った。どん底を見た後に、もう一回夢を持つことで、必ず結果が出ることを伝えたい」と語っていたそうです。
レース後のインタビューも、印象的でしたね。

小出監督のもとを独立した高橋選手は、今年6月に「チームQ」を結成したのですが、スタッフは練習パートナー、トレーナー、調理師の3人だけだそうです。
本当に、家族のようにあたたかいチームなのでしょうね。レース前の会見で「チームQ」の話をした時、高橋選手の目には涙が浮かんでいたそうです。

高橋尚子選手の復活までの道のりと、ここに至るまでの心境は、川嶋あいさんの「天使たちのメロディー」の歌詞に結構通じるものがありますね。
「チームQ」も、路上時代のスタッフ仲間となんかダブってしまいます。

とにかく、今日は感動しました。
高橋尚子選手、ホントに優勝おめでとうございます!
これからも頑張って下さい!